韓国へ語学留学!おすすめ語学学校と7つの選ぶポイント!

韓国へ語学留学!おすすめ語学学校と7つの選ぶポイント! 韓国留学・移住

韓国の人気がますます高まっていく昨今、韓国留学をしてみたいという方も多いのではないでしょうか。現地の語学学校に通うことで、生の韓国語のシャワーを毎日浴びることができるのはもちろん、同時に韓国文化についても学べたり、現地の人と交流を持てたり、韓国語を学ぶにはまさにうってつけです。

ただ、韓国留学を決心してまず悩むのが学校選びではないでしょうか。ソウル市内だけでも20以上の語学学校があるのでなかなか決められないですよね。

そこで今回は韓国へ語学留学する際のおすすめの語学学校と学校選びのポイントについてご紹介します。

 

韓国へ語学留学!おすすめ語学学校と7つの選ぶポイント!

 

1. まずは知っておっこう!大学と語学学校の違い

韓国留学といえば大学に入学する正規留学、大学付属の語学堂や民間の塾などが経営している語学学校に通う語学留学、そして交換留学が主な留学方法だと思います。

韓国の大学に入学する正規留学は韓国語を習得するのが目的ではありません。たとえば法律、経済、文学…などを学び、学士以上を取得するのが目的です。他の韓国人学生と同じように韓国語もしくは英語で学部の授業を聞かなくてはなりません。TOPIK4級以上のレベルがないと入学自体難しいでしょう。もちろん入学試験もあります。

一方語学学校は韓国語を学び、習得するのが主です。クラスメイトは外国人、または外国系韓国人です。もちろん全く韓国語ができなくでも意志さえあれば入学できます。

2. 学費は語学堂によってかなりの差がある!

まず学校選びのポイントで重要になってくるのが「学費」ではないでしょうか。ソウル市内の語学堂の1学期(3ヶ月)平均の学費は約150万ウォンで、安いところだとソウル市立大の130万ウォン、高いところでは西江大の177万ウォン(全日クラス)と、語学堂によってかなりの差が出てきます。

ソウル市立大と西江大の学費の差を1級~6級の6学期分に換算すると282万ウォンで、結構な額になります。学費は最重要確認項目といっても過言ではありません。

3. 授業で重点に置いている分野も学校によってさまざま

学校選びの際に学費と並んで気になるのが「授業内容」ではないでしょうか。

韓国語学習は基本的に「書き取り(쓰기/スギ)」「読解(읽기/イルキ)」「聞き取り(듣기/ツッキ)」「スピーキング(말하기/マラギ)」を中心に進められ、そのなかでレベル別に文法や語彙を共に学んでいきます。各学校によってカリキュラムが様々で、どの分野を重点的に学べるのかかなり変わってきます。

例えば西江(ソガン)はマラギで有名で1日4時間授業のうち、2時間は会話の授業で実践しながら韓国語を学べますが、その分文法が弱いという話も聞きます。語学堂で一番有名な延世(ヨンセ)は文法・語彙を重点的に学べ、また発表や課題が多く、韓国語を基礎からしっかり学びながら実践もできるというのでとても定評があります。

他にも慶熙(キョンヒ)や成均館(ソンギュングァン)、高麗(コリョ)のようにバランス型の語学堂もあります。韓国語をどのように学びたいかも学校選びの際に重要な項目です。

 

 

4. 学校の位置、周囲環境もチェックしよう

そして学校の場所や周囲環境のチェックもぜひ忘れないでください。というのも「勉強だけでなくいろんな所にたくさん出かけてみたい」「アルバイトをしてみたい」というアクティブな方の場合、交通が不便な所だとせっかくの留学生活なのに思ってたのと違うということもありえるからです。

また逆に勉強に集中したいのに学校や住まいの周りが繁華街だった…なんてことも。そして実際そこで生活するので近くに買い物ができるマートがあるのかなども重要です。

また「学費を抑えたい」「日本人が少ない所がいい」「勉強に集中したい」ということで地方の学校を選ぶ方もいらっしゃると思いますが、周りで飛び交う韓国語は方言であることがほとんどです。

5. おすすめ学校1:延世(연세/ヨンセ)大学

韓国へ語学留学!おすすめ語学学校と7つの選ぶポイント!延世大学校

・場所:
ソウル特別市西大門区新村134
ソウル随一の学生街「新村」に位置しているため、周辺は食堂を始めデパートなど商業施設が多数あり、学生向けの住まいが充実しています。弘大と梨大までそれぞれ歩いて行け、明洞や東大門、江南までは地下鉄2号線で乗り換えなしで行けます。

・特徴:
最も古い歴史があり、一番有名な語学堂です。マンモス校ですが日本人の割合はクラスに25%程度です。文法重視で課題や発表が多く、韓国語が基礎からしっかり身につくと定評があります。学費は1学期173万ウォンと高めです。

・こんな人におすすめ:
韓国語を基礎からしっかり身につけたい人。勉強以外の面でも充実させたい人。

6. おすすめ学校2:成均館(성균관/ソンギュングァン)大学

韓国へ語学留学!おすすめ語学学校と7つの選ぶポイント!成均館大学校

・場所:
ソウル市鍾路区明倫洞3街53
演劇の街で知られる「大学路」に位置しており、小劇場がたくさんあるので韓国カルチャーに気軽に触れられることができます。最寄り駅は地下鉄4号線恵化駅で、明洞や東大門まで乗り換えなしで行けます。

・特徴:
1学期が2ヶ月(全8週)なので1級~6級までを1年で終わらせることができます。その分1日の授業時間は9:00~15:00と長いです。文法、読解、聞き取り、会話、書き取りのバランス型のカリキュラムです。日本人の割合はクラスに3人程度が平均のようです。学費は1学期160万ウォンです。

・こんな人におすすめ:
時間と家賃を節約したい人。韓国語をバランス良く学びたい人。

7. おすすめ学校3:ソウル市立(서울시립/ソウルシリプ)大学

韓国へ語学留学!おすすめ語学学校と7つの選ぶポイント!ソウル市立大学校

・場所:
ソウル特別市東大門区轉農洞90
東大門の近く「清涼里」に位置しており、駅にはロッテマート、百貨店があるので買い物に便利です。清涼里駅はKTXや京義・中央線、京春線が通っているので地方に出かける時は便利でしょう。

・特徴:
ソウル市内の語学堂で一番学費が安く1学期130万ウォンで、成均館同様バランス型の授業を行っています。日本人の割合は約50%な上、全体で150名程度と小規模でアットホームな雰囲気です。またバディと呼ばれるトウミ制度もあります。

・こんな人におすすめ:
学費を節約したい人。アットホームな雰囲気の中で学びたい人。日本人が多いところがいい人。

 

 

まとめ

いかがでしたか?
韓国に語学留学の際の学校選びのポイントとおすすめの学校についてご紹介しました。学校選びの前にあなたの中で一番重要なポイントは何かを明確にしておくと、候補の学校をスムーズに決めることができるでしょう。

また、周りに実際に韓国留学経験者がいるのであれば話を聞くのも参考になるはずです。あなたにピッタリの学校をぜひ見つけて、楽しい韓国留学生活を謳歌してください!

 

韓国へ語学留学!おすすめ語学学校と7つの選ぶポイント!

1. まずは知っておっこう!大学と語学学校の違い

2. 学費は語学堂によってかなりの差がある!

3. 授業で重点に置いている分野も学校によってさまざま

4. 学校の位置、周囲環境もチェックしよう

5. おすすめ学校1:延世(연세/ヨンセ)大学

6. おすすめ学校2:成均館(성균관/ソンギュングァン)大学

7. おすすめ学校3:ソウル市立(서울시립/ソウルシリプ)大学

 


あなたにおすすめの記事!

韓国留学・移住
この記事をみんなにシェアしよう!
byeol08をフォローする
byeol08

韓国に住んで9年。留学、ワーホリ、日韓結婚と様々な経験をしてきました。在韓だからこそわかるリアルな韓国をお届けします。

byeol08をフォローする
Fun!Fun!Korea!