韓国のクリスマス特集!現地在住者に聞く7つのおもしろ特徴!

韓国のクリスマス特集!現地在住者に聞く7つのおもしろ特徴! 韓国文化

世界各国で過ごし方が違うクリスマス。お隣の韓国ではどのように祝ってるかご存知ですか?韓国でも日本同様、クリスマスは一年の中で大きなイベントとして捉えられています。

今回は韓国でのクリスマスの過ごし方をご紹介するとともに、クリスマス時期の韓国旅行でチェックしておきたい観光情報もリサーチしましたので、あわせてご紹介します!

 

韓国のクリスマス特集!現地在住者に聞く7つのおもしろ特徴!

 

1. 韓国のクリスマス

日程は、日本と同じく12月24日がクリスマスイブ・25日がクリスマスです。日本では天皇誕生日として12月24日は祝日となっていますが、韓国ではキリスト教徒が多いこともあり12月25日が祝日に指定されています。11〜12月頃になると街中もクリスマスムードになり、至る所でクリスマスツリーやイルミネーションが見られます。

2. クリスマスの過ごし方

クリスマスは恋人・友人・家族とともに過ごす方が多いようです。レストランでの食事やお家でパーティー・コンサート観覧など、過ごし方も様々。これといった決まった行事はなく、恋人がいる人はデート、友人とパーティー、家族団欒でお出かけといったように、過ごし方も日本と似ていますね。韓国内で約3割を閉めるキリスト教徒の方々は教会でミサに参加したり、教会の公演を観覧する場合も多いそうです。

3. クリスマスの料理

では、クリスマス時にはどんな料理を食べているのでしょうか?日本ではチキンとケーキが定番ですよね。韓国でもチキンといえば国民的メニューなのでクリスマスにもチキンを食べるのかな?と思いきや、意外とチキンは食べないんだそう。チキンよりも、ピザやパスタ等の洋食が好まれているようです。

また、クリスマスケーキは韓国でも必須。韓国にはケーキ専門のお店が少なく、クリスマスケーキはパン屋さんで購入することが多いです。他にも、日本でもサーティワンでお馴染みのアイスケーキや、カフェ等で限定販売しているホールケーキなどが人気です。

 

 

4. 韓国のクリスマスプレゼント


韓国でもクリスマスにプレゼントを贈るのが一般的。サンタクロースや赤鼻のトナカイも存在し、サンタクロースを「サンタハラボジ(サンタのおじいさん)」、赤鼻のトナカイを「ルドルフ」と呼びます。日本同様、「良い子にしているとサンタハラボジからプレゼントがもらえる」という言い伝えもあり、良い子の元にはクリスマス当日枕元にプレゼントが届けられます。

また、韓国ではクリスマスカードを送る習慣もあり、クリスマスシーズンには様々なデザインのカードがお店に陳列されます。クリスマス時期に旅行される際は、お土産としてカードを購入するのも良いかもしれませんね^^

5. ソウルのイルミネーション


クリスマスシーズンにチェックしておきたいのがイルミネーション。日本でも点灯式が行われたりと、イルミネーションへの熱量は高いですよね。韓国も同様、各地で綺麗なイルミネーションが施されます。ここでは、韓国でオススメのイルミネーションをいくつかご紹介します!

【明洞エリア】
明洞はショップやホテルが立ち並ぶ繁華街なのでイルミネーションが無くとも十分煌びやかですが、クリスマスシーズンは更に美しく輝きます。特に各免税店・百貨店では豪華なイルミネーションや大迫力のクリスマスツリーが見られますよ!

【東大門エリア】
東大門といえばファッションビル街、ここでも華やかなイルミネーションが見られます。また東大門デザインプラザで展示された、バラ型LEDを花畑のように一面に敷き詰めたイルミネーションが話題になり、たくさんの人が訪れて写真に収めていたそうです。

【ソウル市庁エリア】
ソウル市庁前の広場にも大きなツリー等が飾られ、スタイリッシュな市庁舎のライトアップとのコラボレーションを楽しむことができます。また少し足を伸ばした清渓川でもイルミネーションイベントが行われていますよ。

6. ソウル郊外のイルミネーション


続いてソウルから少し離れた郊外のイルミネーションをご紹介します。

【プチフランス】
ドラマのロケ地としても有名な京畿道・加平にある「プチフランス」。ここは「星の王子様」をモチーフに建てられたフランス風の小さな村をイメージした観光スポットです。クリスマスシーズンになるとライトアップされ、色とりどりの建物がロマンチックに照らされます。

【スターライトヴィレッジフォトランド】
京畿道・安山にある「スターライトヴィレッジフォトランド」。豊かな自然と動物などのオブジェを観覧でき、夜は1年中ライトアップされているまさにイルミネーションスポットです。この時期はクリスマス仕様のライトアップが行われているので、一度行ったことがある方も再訪されてはいかがでしょうか?

【アチムゴヨ樹木園】
京畿道・加平にある「アチムゴヨ樹木園」は、歴史ある私立樹木園です。韓国の昔ながらの風景も楽しむことができるスポット。クリスマス時期は庭園が色とりどりにライトアップされ、また一味違う美しさを感じることができると思います。

7. 韓国のクリスマスイベント

#seoulchristmasfestival #2017 #1225🎄 #cheonggyecheon #✨ #🎆

SeJungParkさん(@sejungpark.insta)がシェアした投稿 –


【ソウルクリスマスフェスティバル】
清渓川で開催されるイルミネーションイベント。川上で灯る珍しいイルミネーションが、1.5km程の距離に施されます。ソウルの冬はかなり寒いですが、防寒して散策してみるのも良い思い出になりそうです。

【各テーマパークのクリスマスイベント】
韓国には「エバーランド」「ロッテワールド」「ソウルランド」といった有名な3大遊園地があります。ここでもイルミネーションやパレードなど、クリスマス限定イベントが毎年開催されています。お子様連れのご家族はもちろん、恋人やお友達と訪れても楽しいこと間違いなしです。

【ミレニアム・ソウル・ヒルトンのチャリティー列車】
高級ホテルとして有名な「ミレニアム・ソウル・ホテル」では、豪華なクリスマスデコレーションと共にチャリティー列車と呼ばれる鉄道模型が展示されます。ホテルロビーにそびえ立つ巨大ツリー、その麓で、協賛企業名が記されたジオラマの中を列車が走ります。協賛金は福祉施設支援として募っているのだとか。韓国ではクリスマスシーズンにこうしたチャリティー行事がよく行われています。その他、ツリーの前でサンタクロースと写真が撮れるイベントなどもあり、多くの人が訪れるクリスマス観光スポットです。

 

 

まとめ

日本と韓国のクリスマスは似ている点が多かったですね!ひとつ異なるのが、韓国のクリスマスイルミネーションは翌年1月頃まで飾られているという点。

日本ではクリスマスが終わったらすぐお正月ムードに切り替わりますが、韓国のお正月は旧暦のため2月。お正月までは少し時間があるので、日本よりもクリスマスシーズンが長いのが特徴です。なので、12月に旅行に行けないからといって残念に思う必要はありません。

1月に訪れても十分楽しめますので、冬に旅行計画のある方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

韓国のクリスマス特集!現地在住者に聞く7つのおもしろ特徴!

1. 韓国のクリスマス

2. クリスマスの過ごし方

3. クリスマスの料理

4. 韓国のクリスマスプレゼント

5. ソウルのイルミネーション

6. ソウル郊外のイルミネーション

7. 韓国のクリスマスイベント

 


あなたにおすすめの記事!